43歳からの大型自動二輪日記

思い立って大型自動二輪免許を取得しハーレースポーツスターで20年ぶりのバイクライフ

<< 2006/12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2007/01 >>
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ  

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去記事を読む

全記事一覧

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト 

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他の[スポンサー広告]カテゴリ記事を見る

9時間目:波状路 

2007/01/09(火) 23:23:47

午後4時。担当は澤○教官。はじめてのかたです。

いつものように慣らし走行から始まります。
今日は慣らし走行のペースが速いです。教官の後ろに付いて、コース内にいくつかある自動車用S字やクランクなどを何度も通ります。必死で付いていきますが教官はどんどん先へ・・・。


しばらく走って唐突に波状路へ。
教官の真似をしてシートから立ち上がった姿勢で通ります。・・・何事もありません。簡単です。

次に自動二輪用の8の字コースへ。
ここを「8の字」ではなく「ひょうたん型」に何度か回ります。つまり8の字の交差しているところをスラロームのように切り返します。これは難しいです。
そしてさらに今度は8の字コースの内側に入り、内側のパイロンに沿って回ります。つまり「小さな8の字」です。これはメチャクチャ難しいです。
当然教官は何事も無くクルクルと回りますが、私は付いていくことができず、だんだん気が焦り始めました。
ガシャーン!
パイロンを踏んづけて転倒しました。ゆっくり倒れたので別に痛くはありませんでしたが・・・何度目の転倒だろう。やっぱり転倒は恥ずかしいですねえ。

「大丈夫ですか?」
「はい。大丈夫です」
「それでは波状路を説明しますね。ここでセンタースタンドを立ててください。」

センタースタンド?
今日の課題とは関係が無いのですが、大型でセンタースタンドを立てるのは初めてです。
1時間目のところにも書いたとおり、引き起こしはやったのですがスタンド掛けはやっていません。
内心ちょっとドキドキしながら車体をつかんでセンタースタンドを踏み込みます。・・・別に重くも無く簡単にスタンドが掛かり、ちょっと拍子抜けしました。

スタンド掛けしたバイクで波状路の通り方の説明を受けます。
・普通のポジションからニーグリップしたまま腰を持ち上げて立ち上がる。
・腕はかるく延ばし、ハンドルの上に上体がかぶさるような姿勢でバイクのすぐ前の路面を見る。
・凸部に乗り上げる時、少しだけアクセルを開けて駆動力を伝える。
・凸部を乗り越えたらアクセルを閉じて減速する。
・加減速時クラッチは小さく操作する。

まあ先ほど何事も無く通れましたので別に難しいことはないだろうと思いつつ、実際に波状路を通りました。
「だいたい良いね。お尻を突き出さないように注意してね。じゃあ次は『ゆっくり』通過しましょう。目安は8秒くらいね」
ゆっくり? ああそうだ、規定タイムがあるんだよな。
ということで、まず教官がお手本を示します。うーん、なるほどかなり「ゆっくり」です。先ほどはただ単にトコトコとリズミカルに通り過ぎただけですが、今度は半分くらいの速度でしょうか。
実際にやってみます。
この教習所では波状路はスラロームから連続していますので、まずスラロームを通って波状路へ、というコースを繰り返します。

スラロームも今日はうまくいきません。「小さい8の字」での転倒が尾をひているのかもしれません。
波状路に入ります。えーと、乗り越える時にアクセルを開けて・・・ブオン、ブオン、ブオオオオ・・・

で、できねえー!

できないっス。アクセル開けるたびに加速してしまうので、あっという間に通過してしまいます。
じゃあ、今度はできるだけゆっくり・・・ブオン、ブオン、ブオオオオ・・・
やっぱりできません。こりゃあ難しいです。考えが甘かったです。
「速度が出すぎたら後ろブレーキで調整していいですよ」
ああそうか、ブレーキ使ってもいいんだ。一本橋みたいな要領かな・・・
再度挑戦。・・・ブオッ、ブオッ、ドコッ・・・コースから落ちました。
うわー、やべえ、マジ難しいかも・・・
姿勢やアクセル、クラッチの使い方を指導されますが、頭で考えるほどヘタになっていく気がします。スラロームや一本橋と同じです。
とりあえず頭をカラにして何も考えずに再挑戦してみると・・・まあ、なんとか通れます。でもタイムは早すぎる気がします。
「今のは前半良かったね。もう少しゆっくりね」

ということで、しばらくスラロームと波状路を繰り返し練習しました。
しかし、なんかどっちもうまくいかないまま教習時間が終わってしまいました。
教官からいくつか注意点を指導されます。
「うまくいくとき時といかない時のムラがあるね。姿勢気をつけてね」

技能教習はあと3時間となりました。こりゃあ卒険ムリだなー。何回受けたら合格できるやら・・・不安です。
他の[大型自動二輪教習]カテゴリ記事を見る
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigbike.blog86.fc2.com/tb.php/28-05a1a04b



プロフィール

らんぴょ

Author: らんぴょ
1963年生 ♂ 射手座 B型
千葉県北西部に妻、母と棲息
2007/1 大型自動二輪免許取得
愛車はハーレーダビッドソン
スポーツスターXL1200R
「らんぴょ」は高校時代のあだ名です。ギャグ漫画のらんぽうくんというキャラに似ているそうです(^^;

スポンサーリンク

1ラインコミュニケーション:テロッパーズ

リンク

相互リンクはしばらくのあいだ休載させていただきます。
いままで相互リンクをいただいていました皆様にはたいへん申し訳ありません。
このブログへのリンク自体はフリーですので、追加、削除は自由におこなってください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright(C) 2006-2017 43歳からの大型自動二輪日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。