43歳からの大型自動二輪日記

思い立って大型自動二輪免許を取得しハーレースポーツスターで20年ぶりのバイクライフ

<< 2006/12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2007/01 >>
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ  

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去記事を読む

全記事一覧

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト 

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他の[スポンサー広告]カテゴリ記事を見る

バイク屋:レッドバロン松戸・柏他 

2007/01/08(月) 18:04:52

1月8日 月曜日。今日は成人の日です。成人の日と言えばやっぱりバイク屋めぐりでしょう。
というわけで、今日はレッドバロンめぐりの続きです。

一昨日レッドバロン幕張店に行きそびれましたが、今日は方向を変えて松戸方面に向かいます。
まず向かった先は「メガディーラー ハーレーダビッドソン松戸」です。
[ハーレーダビッドソン松戸さんのホームページ]


そうです。一昨日の「ハーレーおすすめ事件」があって、なんとなくハーレーが気にかかり、家に帰ってホームページやら、バイク雑誌やらを読みあさり、「まあともかく一度ディラーを見てみようか」という気持ちになったのです。
調べてみるとロードスターには XL883(通称パパサン)のほかに、XL1200 というモデルがあり、これなら「リッタオーバーに乗りたい」という、あまり意味の無い願望も満たされます。
同乗の妻に「最初にハーレーのディーラー見てみよう」と言うと、
「えーーー!ハーレーなんか買わないよ!特に新車なんか。高いんだから」と釘を刺されました。
「見るだけだよ。ディーラーに行けばひととおりのモデルが揃ってると思うし」
と説き伏せつつ国道6号、松戸トンネル近くのハーレーダビッドソン松戸に到着しました。・・・が、なんと月曜定休。お休みです。
「なんだよー、せっかく来たのに。祝祭日とかは営業したほうがお客さんだって来やすいだろうに」とぶつぶつ言いながら国道6号を柏方面へ向かいます。

国道6号を松戸から柏に向かうあいだには、また別のハーレー屋さん「ベガスモーターサイクルズ」が何店舗かあります。
もちろんこれもインターネットで調査済みです。
[ベガスモーターサイクルズさんのホームページ]
しばらく走ると左手に「ベガス3号店」がありました。ホームページによるとここが「Vegas 最大店舗、最大ショールーム」ということです。

店内に入るとズラリとハーレーダビッドソンが並んでいます。あたりまえですが。
お店の人に会釈して「ちょっと見せてください」と言って、店内を見渡します。それほど広くはありませんが明るくきれいなお店です。入口手前には 883、1200 のスポーツスターシリーズが数台並んでいました。すべて中古ですがどれもきれいな車両です。
展示してある車両をシゲシゲと眺めていますと、
「どういったタイプをお探しですか?」とお店のかたに声をかけられました。
「スポーツスターを見に来たんですけど、ハーレーのことはほとんどわからないんです」
と言うと、モデルのバリエーションや、在庫車の特徴などを丁寧に説明してくれました。

「ちょっとエンジンをかけてみましょうか?」
「え?ここでですか?」
店内はビルの1階で、とてもきれいでしたので、なんだかエンジンをかけられるような場所には思えなかったのですが「もちろん、大丈夫ですよ」と言ってXL1200のエンジンをかけてくれました。これは2001年式のリジッドマウントのキャブ仕様車とのことです。
見ていると、アクセルを数回スコスコとひねってからセルを回し、チョークやらアイドリングやらを調整しています。かなり昔のバイクはこういった「朝の儀式」が必要でしたが、最近はあまり見かけません。
ホームページなどを見たところ、スポーツスターは2007年モデルからフュエルインジェクション(コンピューター制御の燃料噴射装置)になっているとのことでしたので「最新モデルはインジェクションらしいですけど、キャブと比べてどうですか」とたずねてみました。
やはりインジェクションは一発でエンジンがかかり、すべての回転域でレスポンスが変わらないので扱いやすいそうです。

エンジンがかかると室内だけにやはり大きな音がします。2003年モデルまではリジッドマウントといってエンジンは直接フレームに固定されています。それに対して最近のモデルはラバーマウントといってフレームとエンジンのあいだにラバー(ゴム)があり、エンジンの振動を吸収するようになっています。つまり古いタイプのリジッドマウントは振動が直接フレームに伝わるので鼓動感が強いということになります。
「またがってみてください」と言うので、またがらせてもらいました。おおっ、ハーレーの鼓動!ちょっと感動です。確かにアイドリング状態でもハンドルにはかなり強い振動が伝わります。
「こうしてアクセルを開けると・・・どうですか?」
なるほど、Vツインエンジンの鼓動がリニアに伝わってくる感じがします。
「昔からのオーナーさんは、この振動が好きなんですよね」とのこと。
なるほど。気持ちはわかりました。でも私は「おとなしい優等生国産バイク」しか乗ったことがありませんから、やっぱりこれだけの振動が好きになれるかどうかはちょっとわかりません。特に今回はタンデムツーリングが目的のひとつですので、長距離走っても疲れないかとか、タンデムシートの乗り心地とかが気になります。
すると「じゃあこっちのラバーマウントもエンジンをかけてみましょう」と言ってくださいました。
でもやっぱりハーレーはハーレーですね。振動は大きいです。ただリジッドマウントに比べるとマイルドな振動です。
「実際に走ると一番使う3000回転くらいでの振動はまったく違いますよ。リジッドだとミラーがぶれて後ろが見えません」と楽しそうに言われました。

うーん。まあ、もしもハーレーを買うならラバーマウントだなあ。ハーレーマニアじゃないし。すると2004年モデル以降だ。できればインジェクションのほうがいいなあ。ハーレー素人だし。
「インジェクションの中古って無いですか?」とたずねると、
「うーん、まだほとんど出てませんね。うちにも在庫は無いですし、まだしばらくは探すのは難しいと思いますよ」とのことでした。
すると新車しかないか・・・むりだろうなあ、ハーレーの新車なんて。
「こちらでは新車はあつかっていないんですか?」とたずねると、中古専門との答えでした。
そっかー、悩むなあ、新車か、中古か・・・・・・・・・・

・・・・・・え? なんで俺いつの間にかハーレーで悩んでるんだろ???
おかしい。一昨日までハーレーなんでこれっぽっちも考えていなかったのに・・・・
ハーレーなんて遅くてうるさくておっさんの乗るものだったはずじゃあなかったのか・・・・・???

そうです。認めたくはありませんが私は一瞬ハーレーの魔力に魅せられるところだったのです。もっと冷静にならなくては。
お店の人にお礼を言って外に出ました。
とりあえず妻の気持ちはどうだろうかと思い、「ハーレーもいいねえ」と言いました。
「そうだね。かっこいいね」
「でも買うとしたらラバーマウントのインジェクションだから2007年モデルだね」と言ってみると、
「新車なんて買えないよ」とクールに一蹴されてしまいました。
女性はやっぱりそのあたりは冷静に考えています。さすがです。
私も自慢ではありませんが、めったに衝動買いなどはしないタイプです。それほど高価なものでなくても、いろいろな製品を徹底的に研究し、比べて、ネットの口コミサイトなども読みあさって熟考します。
バイクも熟考した結果が、XJR、CB、バンディットですから、ハーレーなどを買う理由がありません。いや、危ないところでした。

ごめんなさい。ベガスの青○さん。
やっぱりハーレーは無理ッス。だぶん。きっと。

あ、ちなみにベガス3号店の青○さんは、すっげーイイ男です。
妻に言わせると「若い頃の草刈正雄」と「役所広司」を足して2で割って、くどさを抜いたような感じです。
女性ライダーの皆様、中古ハーレーをお探しなら千葉県松戸、国道6号沿いのベガス3号店がおすすめです。いやマジで。

さて、ハーレーの魔力を振り払った私たちは、そこからさらにレッドバロン松戸へ向かいます。
駐車場がわかりにくいです。しかも私のクルマは車高1.7m制限ではギリギリ入れませんでした。仕方なく駐車場入口脇にクルマを止めて店内へ。
うーん、ここも暗い。しかも・・・バイクがほとんど無い。2階へ上がる階段がありますが・・・なんか、上へ行っていいのかどーだか良くわかりません。
お店の人に、「バイクはここ(1階)にあるだけですか」とたずねると、「そうです」との答え。てことは、この店にはほとんど在庫が無いのかなあ、などと思って帰ろうとすると、妻が「2階展示場って書いてあるよ」とのこと。
全っ然わかりませんでした。しかもいかにも登ってはいけないような雰囲気の鉄階段・・・。何とかしましょうよレッドバロンさん(^^; これじゃ来た客も帰っちゃうってば。
まあともかく2階に上がると、ありました。中古車。あ、V-MAX、これもかっこいいなあ。しかしいかんせん設計が古いしなあ。ドカティやBMWもある。ふーん。てな感じで店を出ました。
とりあえず店の雰囲気が悪くてどーも購入意欲が萎えてしまいます。すみません。

ファミレスでお昼を食べて、レッドバロン柏に向かいます。
ここの隣のラーメンチェーン「壱鵠堂(いちこくどう)」にはよく食べにきます。坦々麺がメチャうまいッス。
で、柏店・・・うーん、あまり印象に残るバイクがありませんでした。まあ、これだけバイク屋をまわると、だいだい在庫も似たような感じですね。
しかしXJR1300のガンメタや赤は無いですね。ネットで探しても少なくて、ガンメタはそこそこありますが、2003年モデルの赤はほとんど無いようです。ほとんどの年式で青ばっかりです。青もきれいなんですが、あんまりたくさん走ってるバイクのたくさん走ってる色はつまらない気がします。

まだ時間があるので、柏からは遠いのですが、国道14号のレッドバロン幕張店に向かいました。
店内にはけっこうお客さんがいて、お店の人は対応に忙しく、ここでは声はかけられませんでした。
入口を入るとXJRの2007年型新車があります。おっ?横のほうにはヤマハFZ1も!やっぱりカッコイイです。
店の奥に・・・ガンメタのXJR1300を発見! しかも2006年型で走行も少なく外観もとてもきれいです。

ヤマハのホームページによるとこのガンメタは正確には「ダークブルーイッシュグレーメタリック」というそうです。長いですねえ。日本語なら「濃い青みがかった灰色の金属色」ですね。
ホームページの写真などではわかりにくかったのですが、実際の色は、なるほどやや青みがかったグレーメタリックでとてもきれいです。店の奥のほうのちょっと暗いところに置いてあったので、パッと見はいわゆるガンメタです。たぶん晴天の屋外で見たらもっときれいなのではないでしょうか。
やっぱりカッコイイ!美しい!
妻は基本的に「グレー」が嫌いなので「かっこいい」とか「きれい」とかは言いませんでした。XJRの形自体もあまりピンとは来ないようです。
しかし車両価格が78万円ほどでしたので、妻も散々100何十万円の値札ばかり見てきた後ですから「これなら安いしいいね」と言っておりました(^^;

想像以上に美しい色で、しかも程度も極上。まあ、ほぼ決定したも同然です。
いやあ危ない、あやうくハーレーを衝動買いするところでした。・・・といっても妻の強力ブレーキがかかって止められるに決まっていますが。

しばらくXJRの近くをうろうろしていましたが、やはり声はかけられませんでした。もし「XJRをお探しですか?」などと言われたら、その場で「これください」と言って仮契約くらいしていたであろうことは想像に難くありません。

何はともあれ、もう頭の中ではXJRオーナーです。
鎌ヶ谷店でこのXJRを取り寄せてもらうこともできるかと思いますが、まあ慌てることはないでしょう。XJRならけっこう数があるでしょうから。
まずは免許取得が先決です。もう一息がんばらなくては。
他の[バイク選び]カテゴリ記事を見る
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigbike.blog86.fc2.com/tb.php/25-562d7d49



プロフィール

らんぴょ

Author: らんぴょ
1963年生 ♂ 射手座 B型
千葉県北西部に妻、母と棲息
2007/1 大型自動二輪免許取得
愛車はハーレーダビッドソン
スポーツスターXL1200R
「らんぴょ」は高校時代のあだ名です。ギャグ漫画のらんぽうくんというキャラに似ているそうです(^^;

スポンサーリンク

1ラインコミュニケーション:テロッパーズ

リンク

相互リンクはしばらくのあいだ休載させていただきます。
いままで相互リンクをいただいていました皆様にはたいへん申し訳ありません。
このブログへのリンク自体はフリーですので、追加、削除は自由におこなってください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright(C) 2006-2017 43歳からの大型自動二輪日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。