43歳からの大型自動二輪日記

思い立って大型自動二輪免許を取得しハーレースポーツスターで20年ぶりのバイクライフ

<< 2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2017/11 >>
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ  

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去記事を読む

全記事一覧

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト 

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他の[スポンサー広告]カテゴリ記事を見る

2時間目:スラロームなど 

2006/12/17(日) 22:18:39

午後4時。
初回の教習が終わり、校舎に戻ってペットボトルの冷たいお茶を買い、タバコを一服・・・していたら配車開始の放送が。
タバコを吸い終わってから配車をして、2輪待合室へ戻る。
と、待合室前に先ほどの○林教官が。
「○○さん、遅いですよ。もっと早めに来て準備をしてくれないと」
「すみません」
うわー、これで遅刻なのか。てことは、2時間続けて取るとほとんど休憩時間も無いなあ。
あわててプロテクターを付け、ゼッケンを付けます。
えーと、今回から黄色のゼッケンって言ってたよな。あれ?番号は何番でもいいのかな?といあえずテキトーにゼッケンを付けました。

「では、今回は体験走行(いや、ナントカ走行だったかナントカ体験だったかと言っていたのですが正確に覚えていません)をやります」とのこと。



これは、一通りのコースに慣れるのが目的のようで、信号のない交差点では、安全ならば一時停止しなくても良いとのこと。
ライトを点けて、教官の後ろに付きます。ライトはおそらく「初心者がテキトーに走ってるから注意してね」という意味でしょう。
外周、交差点、坂道、一時停止、坂道発進・・・うっ、いきなり後退。中型免許のときも普通自動車のときも坂道発進で失敗した記憶は無いが・・・。ちょっと不安が。
そして一本橋。正確には直線狭路台というらしい。体験なのでただ渡るだけ。一応渡りきれた。ものすごく早かったと思うけど・・・。

コースを何周かして、その間にもいろいろと指導を受けます。
何度も注意されたのが「指3本で前ブレーキを握るクセ」です。20年前のクセのようですが、余計なことは体が覚えているようです。
あとは後ろブレーキをもっと使うように。ニーグリップをしっかり。ウィンカー消し忘れ、等々。
要するに基本ができてません。頭ではわかっているんですが、いろいろ考えすぎてパニクってしまうようです。
「○○さん、そんなに緊張しないでよー」とにこやかに励まされます。いい人だなあ。でも自分がちょっと情けないです。

「じゃあ次はスラロームを練習しましょう」
えっ!もうスラロームっすか?
スラロームって中免でもあったっけ?なんかすごく高度な技のような気がして正直怖いよなあ。
「では後ろに乗ってください」
ええっ!後ろに生徒を乗せてスラロームをするんですか?
「進入する時はこの位置です。こんな角度で、アクセルとクラッチをうまく使ってね」
何度か止まりながら、進入角度や通過位置を丁寧に指導してくれます。
「じゃあ今度は止まらずにやってみるよ」
グワッ!ブオン!グワッ!ブオン!
すげえ・・・すごすぎるよ。けっこうバイク倒れてるし、速いし、とても出来そうに無いっす。

「じゃあやってみて」
えええっ!私がやるんですか?そうですよね、やるんですよね。当たり前だよ、そのために教習所に来てるんだから。
転んだら痛いだろうなあ・・・なんて、余計なことは考えちゃいかーん!やってみりゃあ何とかなる!・・・たぶん。
ともかく発進、スラロームに進入、ハンドルでギクシャク曲がる。やっぱり怖いよなあ。パイロンは倒さなかったけど、すげえ時間がかかってる気がする。
「そんなに怖がらないで。もっとニーグリップを効かせて、リズム良くバイクを倒して、アクセルとクラッチをうまく使えば大丈夫だから」
いや、それができたら苦労はしないんですけど。
再度挑戦。少し思い切っていってみる。お?意外とパイロンには接触しないもんだな。
三度目。もっと思い切っていってみる。ちょっとパイロンにかすったかな。でもいけるかもしれない。
「うん。だいぶ良くなったよ。じゃあこのままあと2回練習して終わりにしよう。終わったら戻ってきて」
あ、行っちゃった。
一人で練習する。まあそのほうが気が楽でもある。しかーし!ここで左手に力が入らないことに気が付いた。
うーっ、左手が痛い。握力が無い。クラッチが握れない。あーこりゃあダメかも・・・。
ともかくスラロームに突入!やはりクラッチワークができない。パイロンを倒す。スラロームを抜けてパイロンを直しに戻る。
がむしゃらにもう一度突入!またもやパイロンを倒す。また戻って直す。
あーあ、練習にならなかったよ。気が付くとあたりはもう暗くなっている。車庫に戻る。

ヘルメットを脱ぐとやはり汗だく。シャツも汗だく。寒いと思って薄めのダウンジャケットを着ていたのだけれど、今度はもう少し薄着にしよう。
待合室でやはり緊張しすぎていることや、ニーグリップ、ブレーキの使い方など指導される。
自分ではそれほど緊張しているとは思えないのだけれど、やっぱり体が硬いのだろうか。年齢のせいかなあ。手も痛いし・・・。

どうも2時間連続というのはちょっときついみたいです。次は1日1時間にするか、2時間なら連続ではなくてあいだを空けるようにしよう。休憩時間も足りないし。

教習原簿を返却し、次の予約を取ります。
金曜日、午前と午後に分けて1時間ずつと、土曜日の午前に1時間予約を取りました。
クルマで帰宅。いやあクルマって楽だなあ。(オートマだから)クラッチもギアチェンジも無いし、体倒して曲がらなくてもいいし、静かだし。
クルマのほうが全然いいじゃん・・・って、バイクの感動をもう一度味わいたいとか、妻にも体験させたいという気持ちを忘れてるよ!
そんなこっちゃいかん!気合入れ直して頑張ろう! でも左手が痛い・・・。
他の[大型自動二輪教習]カテゴリ記事を見る
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigbike.blog86.fc2.com/tb.php/13-3c6dd3c8



プロフィール

らんぴょ

Author: らんぴょ
1963年生 ♂ 射手座 B型
千葉県北西部に妻、母と棲息
2007/1 大型自動二輪免許取得
愛車はハーレーダビッドソン
スポーツスターXL1200R
「らんぴょ」は高校時代のあだ名です。ギャグ漫画のらんぽうくんというキャラに似ているそうです(^^;

スポンサーリンク

1ラインコミュニケーション:テロッパーズ

リンク

相互リンクはしばらくのあいだ休載させていただきます。
いままで相互リンクをいただいていました皆様にはたいへん申し訳ありません。
このブログへのリンク自体はフリーですので、追加、削除は自由におこなってください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright(C) 2006-2017 43歳からの大型自動二輪日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。